ストレスチェックで分かる事

貴方のストレスはどのくらいですか?という質問に対し、「職場は多少の不平不満はあっても当然であり、今の自分の仕事は非常に充実しており満足している。」多くのビジネスパーソンが回答するものです。
しかしそう言わざるを得ない環境に置いているのは会社であり、医療の観点から見たストレスチェックとは異なる結果しか出ないというのが現実です。
そこで昨今始められたのが、企業自身が社員に実施するストレスチェックです。今の生活に抱える不安や不満足な点、属する部署の中に置いて、自分が感じる孤独や疎外感など、医療の現場でも用いられる診断基準に基づき作成された質問に答える形式です。全て書面で実施され、専門の機関に送られ判断されるため、会社の人間が見るという心配もなく正直に答えられるというメリットがあり、案外多くの人が過度なストレスを抱えている実情が浮かんでいます。
またこうした結果を受けて、サービス残業の撲滅や1人当たりの業務内容の精査、仕事の偏りや賃金との見合い具合などを企業が積極的に改善するという行動に移しています。
企業に属すると、個人では言い返す事も難しい現在の日本企業の実態を改めて浮き彫りにし、今後心身を病む人が減り、健康な社会を維持する目的で始められたストレスチェックは、中小企業にまで広がりを見せています。
大切な家族が毎日暗い顔をして会社から帰宅するようであれば、家族から申し出て、診断を依頼する事も可能な会社もあります。
労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度についてはこちらのサイトで解説中。
新制度の内容だけでなく、具体的な導入方法がまとめられているので実施体制や担当者の役割を知ることが出来ます。