派遣会社のストレスチェック

経済が低迷し各企業の経営努力というのは採算性とコストのカットに重点を置かざるをえなくなっております。
会社には従業員があってこそですが、コストカットによる歪みはリストラや従業員一人一人に重くのしかかってきており朝起きてから、会社に向かい、帰宅して就寝するまで、人は様々なものにストレスを感じています。
ストレスは知らず知らずに体調に変化を及ぼすだけでなく、放っておくことで鬱などの 精神に障害をきたす恐れがあります。

 

企業のコストカットにより2000年以降、急速に増加傾向にある派遣による形態の労働者が企業や、商店、あらゆる場所で活躍をする機会が多くなっています。中には、重要な責任のある仕事をこなし会社の即戦力として活躍しているケースもありますが、残念ながら派遣労働者の待遇面での位置付けは、まだまだ社員に比べても低いものがあり、仕事の比重は増しているのにも関わらず、給与面や福利厚生の面でも程遠いのが現実です。

 

近年では事業者側が健康維持に努めてもらう一環として職場で感じるストレスチェックという試みを実施しはじめ、その結果に基づいて派遣会社でも職場環境において、働きやすい職場つくりを目指しています。
ストレスに関する値は今後もこまめにチェックする項目として重要になってきますので、派遣会社側の事業者は新たな待遇改善としてストレスチェックの結果というのは、新たな健康診断の値として無視する事ができなくなってきます。