ストレスチェックの補助金

現在では、事業者はストレスチェックを行うことが義務付けられました。
しかし、実際に行うためにはコストの負担もかなりあることから、一定の要件を満たせば補助金を受けることができるようになりました。

 

補助金を受けるためには、届出前に、要件を全て満たしていることを確認しなければなりません。

 

まず、常時、従業員数が50人未満であり、同一の都道府県内にある複数の小規模事業場で構成されていることです。

 

次に、小規模事業場の事業者が産業医を合同で選任したうえで、チェックに関わる産業医活動の全部か一部を行なわせることです。
そして、ストレスチェックの実施者や実施時期が明確に決まっていることも要件です。
それから、集団を構成する全ての小規模事業場でストレスチェックや面接指導を行う予定していることです。
さらに、集団を構成する小規模事業場の代表者と産業医が同一者でないことも要件になっています。

 

職場で働く人のメンタルヘルスを支援して、精神的な健康を目指すために実施される目的ですので、補助金を申請出来る要件を満たしていれば、コストの負担も少なく出来るようになります。

 

たとえば、身体的な病気で糖尿病での治療で求職をせざるを得ない方もいますが、それ以外でもこころの病で復帰がなかなか叶わない方もいます。

 

未然にメンタルの状態を把握することで、予防策を講じることが出来るようになれば、働く人たちのこころの負担も軽減できるようになるでしょう。