ストレスチェック制度の分析方法について

2015年12月から従業員に対するストレスチェック制度が義務化され、50人以上の従業員を抱える会社に適用、実施されています。
この制度は労働者に対して、身体的な面とは別に心理的な健康状態を明確にするために導入され、問題のある個人及び社を特定し指導していくことで、従業員と社内環境の改善を図る制度です。

 

ストレスチェックの分析方法は、1年以内ごとに1回以上が望ましいとされており、チェックの方法は主に調査票で、面接などの対面での方法は望ましくないとされています。
その理由として、対面で話すとなると正直に話すことができなくなり、また圧力をかけられることによってこの制度の意味自体が薄れることを危惧しているためです。
分析としては、「仕事のストレス要因」「心身のストレス反応」及び「周囲のサポート」の3つの項目を含んだ調査票によって分析され、個人の精神的な状態を確かめます。

 

また、個人の調査結果を一定の集団ごとに集計して、その集団の特徴や傾向を分析、その分析結果によって社全体の状態を把握し、問題があるようならば職場環境の改善努力に取り組む必要があります。
現在職場環境の改善は完全な義務化はされていませんが、将来的に義務化へと進めるとされています。

 

一般的な健康診断と同時に受けることも可能ですが、ストレス調査票と一般的な診断の問診票のそれぞれの目的や取扱いの違いを認識できるようにしておくなどの注意を怠らないようにしなくてはなりません。